ユーラシアの近代と新しい世界史叙述

国民国家や「ヨーロッパ(西洋)とアジア(東洋)」という既存の歴史叙述の単位にとらわれず、ユーラシア、さらに世界を一体と見る立場で新しい世界史を構築する方法を追究する研究プロジェクト。日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究S)を得て、5年計画(平成21~25年度)で18-19世紀の世界史をどう描くかを共同で追究します。

研究の目的と方法

これからのイベント

ページの先頭へ