ユーラシアの近代と新しい世界史叙述

詳細

【報告】12月19日 Graduate Student Workshop at Princeton University: Symposium on World History and Worlds Together, Worlds Apart

2014年01月28日

12月19日、プリンストン大学にて大学院生を対象にしたワークショップがおこなわれた。本科研研究協力者5名の報告発表の後、プリンストン大学博士課程の学生3名からコメントを受け討議をおこなった。

Princeton Haneda.JPGまずはじめに、羽田正氏から本ワークショップを開催するに至った経緯と日本の歴史教育の背景についての説明がおこなわれた。2年ほど前、エルマン氏と羽田氏はグローバル・ヒストリーが共通の関心事であることを確認した。その際に米国で学部生が使用している教科書Worlds Together Worlds Apart (W. W. Norton & Company; 3rd edition)をエルマン氏が羽田氏に見せたことが本ワークショップ開催のきっかけとなった。その後1年半ほどかけて羽田氏の大学院のセミナーでこの英語の教科書を輪読し、その内容について議論を重ねた。今回のワークショップは、羽田氏の授業を受けていた学生が、各自のテーマをとりあげながら、この教科書の問題点を指摘し、疑問点を議論することを目的としたものである。

131221 Princeton Cheese!.JPG


Symposium on World History and Worlds Together, Worlds Apart(3rd edition, Norton, 2011), organized by Haneda Masashi (The University of Tokyo) and Jerry Adelman (Princeton).

9:15 AM - 10:30 AM, The Historiography of World History

Introducer/主持人:Professor Haneda Masashi

  • Ozawa, Ichiro(The University of Tokyo):

"The "Islamic World" as a Unit of Description in History Textbooks: Comparative Analysis of ShosetsuSekaishi and Worlds Together Worlds Apart"

  • Comments: Elijah Greenstein (Princeton University, EAS)

Coffee break

10:45 AM - 12:45 PM, Concepts and Categories in World History

Introducer/主持人:Jeremy Adelman (Princeton, History/Council for International Teaching and Research)

  • TERADA, Yuki (The University of Tokyo):

"Reconsidering Categories in World History: Towards Overcoming the Self-Other Binary"

  • KATAKURA Shizuo (The University of Tokyo):

"How to Reconcile Regional History with World History: Beyond Essentialism (i.e., acts of generalization) and Idiography (i.e., acts of specification)"

  • Comments: Kjell Erickson (Princeton University, EAS, ABD)

Followed by lunch 12:45-2:00 PM

2:00 PM - 4:00 PM, Between Regional and World History

Introducer/主持人:Benjamin Elman (Princeton, EAS/History)

  • UCHIDA, Chikara(The University of Tokyo):

"World History from the Viewpoint of Staple Commodities"

  • SAJI, Natsuko(The University of Tokyo) :

" World History from a Technological Viewpoint: Trans-regional Flow Reflected in the Development of Silver Mines in the Sixteenth Century"

  • Comments: Daniel Barish (Princeton University, History, ABD)

ユーラシアの近代と新しい世界史叙述 トップへ

ページの先頭へ