ユーラシアの近代と新しい世界史叙述

年度別研究成果

2011年度

2011年度

氏名 タイトル 詳細
羽田正 新しい世界史へ―地球市民のための構想 岩波新書、2012年
羽田正 新しい世界史と大学の組織 『学術の動向』2011-10、28-30頁、2011年
羽田正 东亚海域史的实验 复旦大学文史研究院編『世界史中的东亚海域』1-10頁、2011年
羽田正 インド洋海域世界とイスラーム 『アジアが結ぶ東西世界』関西大学出版部、116-124頁、2011年
羽田正 不对等的悖论――非西方语言于认识世界的意义 复旦学报  社会科学版 第2期 No.2、2011年
松方冬子 別段風説書が語る19世紀―翻訳と研究― 編著、東京大学出版会、365頁、2012年1月
MATSUKATA Fuyuko Reevaluating the “Recommendation to Open the Country”: The King of the Netherlands 1844 letter to the Tokugawa Shogun

Translated by Adam Clulow, Monumenta Nipponica 66-1, 2011, pp. 99-122

Shimada Ryuto “Dutch Commercial Networks in Asia in Transition toward the Age of the Pax-Britannica, 1740-1830” The East Asian Journal of British History, 1, 2011, pp. 29-40
島田竜登 近世長崎貿易の世界史的考察:長崎との貿易ルートを中心として― 『文明研究・九州』5、2011年、11-20頁
Sugiura Miki “Specialization and the Division of Merchant Functions in Amsterdam and its Hinterland in the Eighteenth Century” Robert Lee (eds.), Port-Cities and their Hinterlands: Migration, Trade and Cultural Exchange from the Early Seventeenth-Century to 1939, Routledge, 2012.
岡 美穂子 ポルトガル領事のみた幕末長崎 『日本歴史』757巻、2011年、87-97頁
岡 美穂子 長崎のユダヤ人 『UP』 2011年10月号、8-14頁
岡 美穂子 紹介『大航海時代の日本』 『歴史評論』 738巻、2011年、105-06頁
Mihoko Oka

Trade Consigned to Portuguese in Ayutthaya: From the Reign of King Narai to the Reign of King Thaisa

Transactions of the International Conference of Eastern Studies, no. 56, 2011, pp. 25-41.

杉山清彦 清初期対漢軍旗人“満洲化”方策 中国社会科学院近代史研究所政治史研究室(編)『清代満漢関係研究』北京:社会科学文献出版社、2011年8月
杉山清彦 清代の北京と紫禁城──武人と文人、旗人と民人── 『東京大学史料編纂所研究紀要』第21号、2012年3月
杉山清彦 イリ地域をめぐる帝国の興亡と国境の誕生──ユーラシアの中心から辺境へ── 承志(編)『国境の出現』(中央ユーラシア環境史第2巻)臨川書店、2012年3月
松浦正孝 日本の近代化――西洋型とアジア型 『歴史学研究』878号、2011年4月、17-23頁
水井万里子 図説テューダー朝 河出書房新社、2011年5月
弓削尚子 「コーカソイド」概念の誕生―ドイツ啓蒙期におけるブルーメンバッハの
「人種」とジェンダー
『お茶の水史学』55号、2012年3月 1-32頁
鵜飼 敦子 上海万国博覧会「世博会博物馆」―「セルヴィス・ルソー」の展示をめぐって 『ジャポニスム研究』31号、71-73頁、2011年11月
鵜飼 敦子 高島北海とアメリカ 『潮流』No.109、2-3頁、2012年1月
鵜飼 敦子 河村コレクション「欧州交友名刺帖」―高島北海によってフランス滞在中に収集された名刺を中心に 『下関市立美術館研究紀要』第13号、1-51頁、2012年3月
Yumiko Kamada The Attribution and Circulation of Flowering Tree and Medallion Design Deccani Embroideries Navina Najat Haidar and Marika Sardar eds., Sultans of the South: Arts of India’s Deccan Courts, 1323-1687, The Metropolitan Museum of Art, New York, 2011, pp. 132-47
Yumiko Kamada Child’s Coat Masterpieces from the Department of Islamic Art in The Metropolitan Museum of Art, The Metropolitan Museum of Art, New York, 2011, pp. 399-400
Yumiko Kamada Pashmina Carpet Fragment Masterpieces from the Department of Islamic Art in The Metropolitan Museum of Art, The Metropolitan Museum of Art, New York, 2011, p. 374
Yumiko Kamada Islamic Art in Southeast Asia: The Significance of the Islamic Arts Museum Malaysia 早稲田大学高等研究所紀要、第4号、2012, pp. 85-88
薩摩 真介 近世イギリス海軍史とイギリス国立公文書館 歴史学研究月報、第882号、歴史学研究会、pp.5-7, 2011年8月
Shinsuke Satsuma The South Sea Company and its plan for a naval expedition in 1712 Historical Research, 1 Feb 2012
澤井一彰 穀物問題に見る16世紀後半のオスマン朝と地中海世界 澤井一彰 (共著)『オスマン帝国史の諸相』、山川出版社、2012年3月
澤井一彰 イスタンブル歴史案内 『歴史と地理―世界史の研究―』、山川出版社、34-37頁、2011年11月
澤井一彰 トルコのお酒事情 『Field+』、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所、No. 7、30-31頁
Fukasawa Katsumi De la mort violente à l’âme errante. Réflexion sur les articles d’Yves Goudineau, Kuroda Hiroko et Olivier de Bernon Anne Bouchy et Ikezawa Masaru (éd.), La mort collective et le politique. Constructions mémorielles et ritualisations. Tokyo : Institut des sciences humaines et sociales, Université de Tokyo, 2011, pp. 313-20
深沢 克己 回顧と展望 2010年の歴史学界 総説 『史学雑誌』120編5号、2011年、1-5頁
深沢 克己 小花模様の茜染更紗、またはヨーロッパ捺染の起源について 京都服飾文化研究財団『Dresstudy』Vol. 59、2011年4月、4-9頁
深沢 克己 高校世界史と大学の歴史教育を結ぶもの 日本学術協力財団『学術の動向』、2011年10月、24-27頁
深沢 克己 18世紀末フランスの知的エリートとフリーメイソン―マルセイユの医師アシャールの内面的軌跡 立教大学史学会『史苑』72巻1号、2011年12月、57-76頁
Fukasawa Katsumi Claude-François Achard dans sa jeunesse: médecin, académicien et franc-maçon marseillais à la fin du XVIIIe siècle Provence historique, t. LXII-fasc. 247, janvier-mars 2012, pp. 13-26
豊岡康史 清代中期における海賊問題と沿海交易 『歴史学研究』891、2012年3月
Moriyama Mikihiro Regional Languages and Decentralisation in Post-New Order Indonesia: The case of Sundanese KeithFoulcher, Mikihiro Moriyama and Manneke
Budiman (eds.) Words in Motion - Language and Discourse in Post-New Order Indonesia, pp. 82-100, 2012年3月, Singapore: NUS Press
森山幹弘 インドネシアにおける多言語状況と『言語政策』 砂野幸稔編『多言語主義再考ー多言語状況の比較研究』共著, 2012年3月, 三元社, 756 頁 (404-27頁)
Moriyama Mikihiro Urang Sunda Ceuk Batur (外国人が見るスンダ人) Cahara, Bumi Siliwangi
Majalah Pendidikan UPI, No. 8, Universitas Pendidikan Indonesia, pp. 19-25
八百 啓介 砂糖の通った道—菓子から見た社会史 弦書房、2011年12月
與那覇潤 中国化する日本――日中「文明の衝突」一千年史 文藝春秋、2011年11月、319頁
與那覇潤 世界史からみた琉球処分――『近代』の定義をまじめに考える 三谷博・村井章介(編)『琉球からみた世界史』山川出版社、2011年6月、第8章、137-58頁
與那覇潤 小津安二郎と体験史の方法――中国大陸で見た画面と戦場 上川通夫・愛知県立大学日本文化学部歴史文化学科(編)『国境の歴史文化』清文堂、2012年3月、第3部1章、219-50頁 ※ 旧稿の再録
與那覇潤 書評:小川和也著『文武の藩儒者 秋山景山』 『歴史評論』744号、96-100頁、2012年3月(歴史科学協議会)
與那覇潤 「体験を記述する営み」「戦争体験言説の戦後史」「戦後思想と戦争体験」 野上元・福間良明(編)『戦争社会学ブックガイド――現代世界を読み解く132冊』創元社、48-52頁、219-21頁、225-27頁、2012年3月

ページの先頭へ