海域比較研究

研究目的と方法

研究分担者各自がインド洋海域世界と地中海海域世界についての研究を進め、それぞれの特徴を明らかにする。

特定領域研究に所属する他班と協力し、歴史的な東アジア海域世界の特徴と意味を明らかにする。

この目的を達成するために、有志とともに特定領域研究の中に「東アジア海域史研究会」を組織し、共同研究を行う。

この研究会の目的は、東アジア海域世界に関わる個別具体的な史実情報を蓄積すると同時に、「東アジア海域」全体を理論的に把握することである。

具体的には、第一班(1250-1350年)、第二班(1500-1600年)、第三班(1720-1820年)の三つの時期における東アジア海域世界の特徴と全体像を明らかにし、文章として提示することを目的とする。

その際には、各時期の特徴が相互に比較し得るような、また、他地域・海域との比較が可能となるような叙述を行う。

また、最終成果は和文・英文にて出版する。

ページの先頭へ